seeds

ある朝、美しく手入れされたばかりの蜘蛛の巣をめがけて

お腹をすかせたムクドリが風を切って飛んでいきました。

蜘蛛は、そのくちばしに捕らわれた瞬間、空を仰いでつぶやきました。

「今夜は雨になるよ」

主を失った蜘蛛の巣は、なすすべもなく風に弄ばれ

蜘蛛が大切に世話をしていた森の記憶の断片を絡めたまま

くるくると回りながら落ちていきました。

柔らかなガーゼで織られた棺のように。

 

その日の夕暮れ時「来るぞ、雨が来る」ムクドリたちがざわめくと、

森は静かに雨に濡れ、苔とかびの香りを放つ土は深く湿らされていきました。

地面に落ちた蜘蛛の巣もすっかり潤み、抱きしめていた森の記憶の断片

 -小さな種- に目覚めの時を告げるのでした。

そしてついに、雨にふやけて柔らかくなった薄い殻を破り

芽を出した小さな種は首をもたげると、一気に夜空を目指していきました。

樹々よりも高く伸びる茎に鋭いトゲ、そして大輪の黒い花は

雨雲に覆われた新月の夜よりも暗く、蜘蛛の命を偲ぶ悲しみの香りを放ちました。

森のいきものたちはじっと息を潜めていました。

「雨だから、安全な場所に」

草葉の裏で、木々のうろで。ひとりで耐える者、身を寄せ合う者。

やがて訪れる、雨が通り過ぎる兆しを待っていました。

 

翌朝、森の東側から順番に雨つぶが輝きを放ち、

つぼみを開いたシロツメクサの香りが森を漂い始めました。

一晩中、空を覆い尽くしていた漆黒の太陽は力なく

重たい花首をうなだれて、灰色に乾いた花びらを落としました。

 

「涙も涸れてしまった」

いつのまにか森には再びいきものたちの気配があふれていました。

​雨も暗闇もすべてを受け入れて、ただこの朝を祝福するように。

そして落ち葉の影では漆黒の太陽が力なく横たわり、花のあとに残る種が

はらりはらりと地面に落ちていくのでした。

 

 

One day in the morning, a hungry starling was flying over the forest and found a spider weaving its beautiful web. The spider looked  up the sky, then thought. "It will be raining tonight."

The spider web remained yet holding some pieces of the forest, which the spider has been taking care of every day. Eventually it fell onto the ground helplessly blown by a playful wind, as if being told the end of its role, now just as a coffin, carrying the spider's memories.

Dusk of the day. "Let's go home! It will be raining." As soon as a group of starling murmured in the sky on their way to home, the soil started to exhale the humid scent of moss and mold quietly and deeply. Now everything hided in the dark, except the sound of rain hitting the ground. The spider web on the ground absorbed rain drops, then let the piece of memory of the spider - a small nameless seed - absorb water as much as it wanted, and eventually it began to grow.

Finally, the time has come. Breaking the thin shell, the seed sprouted and began to grow, higher than trees, showing its spiny stem and an emerging large flower with black petals. The sky got darker and darker, as if it was occupied by the black flower mourning the spider's absence.

All the living things in the forest kept silence.

"Let's stay safe. Because it is raining." Under the umbrella of the grass leaves, on the tree, some stayed alone, some stayed together to keep them warm, dreaming for the end of rain.

 

The next morning, raindrops on the grass captured the dawn light. Meanwhile, the black flower once dominated the night laying down powerlessly on the ground, after finishing its one night life. Now just dried grey petals are found here and there.

Again the lively sign of life is everywhere in the forest. They always accept both rain and darkness, while blessing every single moment of morning glory. And look at the shadow of the fallen leaves, you can find small seed of the black flower is now waiting for the next rain, in silence.

© 2020 Yoh Azusagawa All right reserved.