wordworm

コトバムシ は、人間の意識・無意識をすみかにする仮想の生きものです。

誰かとの会話や電光掲示板に表示される言葉、歌や活字という形を通じて、コトバムシは私達の深層意識にガラスの卵を産みつけます。コトバムシの卵はやがて孵化し、幼生は結合や分裂を繰り返し成長します。やがてフレーズや文章になり誰かの意識に潜り込み蛹になって時を待ちます。そして羽化したコトバムシは、デジタル信号になってスマホに棲みつくことも、涙や体温になって心を震わせることも。そんな彼らの生態を、現代短歌や短編スクリプトなど執筆活動になぞらえて有機的に表現しようと試みています。

コトバムシは生死を繰り返し、形を変えて生き続けます。あなたの意識や誰かの無意識のなかでも。

"WORD WORM (KOTOBA-MUSHI) is a hypnotic creature, living in human mind, both consciousness and unconsciousness. They represent the creative procedure how I write. They hatch, swarm, and fly. They emerge, affect, break out, and die. And they will be born again. Do they feel pain or joy when they hatch? What is the trigger to make them form a poetry? 

 

This is a project to cultivate WORD WORM and preserve as a series of specimen, "Modern style TANKA/WAKA (Japanese ancient poetry)" and “1 minute Pillow Talks” (Short dialogues of science fantasy) to describe sur-romantic emotions and scientific mindscape by enigmatic and metaphysical way of wording.

© 2019 Yoh Azusagawa All right reserved.