SUNFLOWER

いっせいに飛び立つムクドリの群れが、ネロリの香り纏う夜明けの空を大きく揺らす。思い切り背伸びして葉を広げ、笑顔で太陽を待ちわびるヒマワリたち。

赤土の大地に命が溢れる,、アンダルシアの夏のはじまり。

誰もが灼熱の太陽から隠れシエスタにまどろむある日の午後、オリーブの木で羽を休めていたムクドリがヒマワリたちに声をかけました。

「ねぇ、きみたちは、太陽にそっくりな姿だね。それはなぜ?」

綺麗なプリーツを寄せた黄色の花びらを揺らして、ヒマワリは笑って答えました。

「太陽が大好きだからよ!」

ムクドリたちは口々にさえずりました。

「彼はとっても危険だよ。とっても熱くて、すべてを焦がしてしまうんだから。」

「そうだよ、ぼくたちの翼だって灼かれてしまうんだ!」

ヒマワリはおしゃべりなムクドリたちを見渡すと、大輪の笑顔を差し出しました。

「そうよね。でも、ねぇ見て。太陽は素晴らしい贈りものをくれるのよ。これは『太陽のかけら』」

それは、ヒマワリたちが太陽の光を蓄えて大切に育てた、それはそれは見事な種でした。ヒマワリが首をかしげると、ぱらぱらと種が大地にこぼれました。ムクドリたちは喜びの歌をさえずり、太陽のかけらをついばむのでした。

 

相変わらず空高く輝く太陽を見つめてヒマワリは言いました。

「太陽は遠い遠い空で輝いているし、私たちはこの大地に根を張って生きているから、彼を抱きしめることはできないけれど。それでも彼が大好きなのよ。」

永遠に終わらないかに思えた美しい季節もいつのまにか醒めた頃。モノトーンのストライプ模様の『太陽のかけら』が、アンダルシアの赤土の大地一面に落ちていました。​まるで宝石のような輝きを放って。

きっと次の夏の始まりも、ヒマワリ畑にはにぎやかに命があふれることでしょう。

(ネロリ:オレンジの花。白く小さな可憐な花は、爽やかな芳香を放つ)

A group of starling jumps into the violet dawn sky, stirring the air carrying the scent of neroli flowers. Sunflowers await the sun spreading their leaves, giving big smiles toward the eastern horizon. Life starts to bloom everywhere on the red soil.

One day in the afternoon, while everyone indulging in siesta under the shade to escape from the hot breath of the sun, a starling resting on the branch of an old olive tree has talked to the sunflowers.
"Hey, why you guys look exactly like the sun?"

 

A sunflower smiled and replied,
"Because we love him!"

The starlings chirped.
"He is very dangerous! it's so hot that he burns everything."
"Yeah, our wings may be burnt away!"

The sunflower looked over the talkative starlings and offered a beautiful smile to them, even though she knew she would burn out her life soon.
"Yes, but look at me! The sun gives us wonderful gifts. Did  you know? Pieces of the sun!"

 

Then she bowed, spread pieces of the sun on the ground, stared at her shade, still feeling the sunlight on her back.


"The sun is shining in a distant sky and we are living with roots on the earth. I can not give him even a kiss but only I can do is to receive his light, carrying my seeds to starlings...pieces of light. "
 

Though it seemed like an everlasting moment, but now it has gone. Silence covers the red soil of Andalusia, the sun remains high in the sky, starlings flying over the olive trees.

 

Only "Pieces of the sun" has been left on the ground, sparkling  gems of   beautiful monochrome striped pattern. Surely the field will turn into shining golden smiles again, in the beginning of next summer.

(Neroli: Orange flowers, white and small star shaped with sensual scent)

© 2019 Yoh Azusagawa All right reserved.